忍者ブログ
続「田舎暮らしもほどほどに:大長谷週末寄寓人」 平日限定嫁綴り。 週末はのどかな山村・大長谷のクラインガルテンにて帰農し,平日は立山仰ぐ富山にで過ごす。      二重生活を送る一家のヨメが綴る,有閑かつエキサイティングな日々。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

外は雪。
今週はこれからニッポン列島が雪に包まれるという。アマタツによると。

そんな寒い雪の朝一、早々に週末の洗濯物の山を処理しつつ、布団でホカホカに蒸し上がってる三歳女児を起こしに行く。

ナンシー関が潰れた小籠包のように蒸し上がっている。
湿気が布団中を覆う。湿気が。濡れそぼるナンシー関。濡れ?

……濡れーーーーーーーーーッ!!!!!夜オムツ履き忘れwwwッ!!!!!

外は雪。
ベッドは厳寒仕様につき、除湿マット+マットレスカバー+電気式毛布+フカフカカバー+毛布+布団の多重構造、見事全貫通。痛……痛ッ!!!!!キエェェエエエエッ!!!!!

鴨居の臨界点突破。

今度理想の人物像を問われたら、鴨居みたいな人、と即答しよう。

いやーーーーーーー。
朝ッぱらから強烈なアッパーくらっちまったよ……(四十肩の限界)。

ーーーーーーーナニモコンナヒノアサカラーーーーーーー

最近感動した事。

近所のスーパーで偶々広告の品で安かった法蓮草。

ももももうね、袋から出した瞬間に感動デスよ。

いいッ!!!!!

葉は蒼く肉厚でデカく、軸はシッカリ太い。ピンピンしとる。根っこ紅い。

美味しい法蓮草は根っこを洗うと判る。
シッカリ赤い軸の生え際の内側を、流水をかけつつ洗う。
挟まった土がなかなか流れない、ココがポイントだと思われる。
シッカリ太く、かつ柔らかな法蓮草の軸は、その表面が男性の手の甲宜しく血管(?)が浮き出ている。そのボコボコした部分に土が詰まるために、流水でもなかなかとれないのだ。
(この辺でもうハァハァ言ってる法蓮草フェチ)

甘い軸を落とさずに茹でる。

はははは入りきれねーヨッ!!!!!(ハァハァ)
産毛で浮いちゃうので葉先から入水させるものの、シッカリ膨らんどるのでどーしても浮いちゃう☆(ハァハァ☆)

さっと茹でて、今日は小エビと一緒にディルクリームパスタに。

法蓮草好きの少年はすかさず一言。
「ややッ!熊走じーちゃんのだッ!!!」

残念、でもそうね。我が家史上一番美味しい、あの熊走じーちゃんが山間で丹精込めて育てたドデカ法蓮草に、近いよね!

こーーーんなに美味しい法蓮草が、近所のスーパーで、しかも特売で買えちゃうなんてあり得ない……もう……
実名出してもイイよね?
有難うッ!JA利根沼田久呂保ほうれん草部会ッ!!!!!
これからも頑張れッ!JA利根沼田久呂保ほうれん草部会ッ!!!!!
長いゾッ!JA利根沼田久呂保ほうれん草部会ッ!!!!!
(ハァハァ)

☆☆☆☆☆☆マワシモンジャナイヨ☆☆☆☆☆☆

おいしい繋がりで、コレ。ガパオライス。

友と連れ立って、久々に呉羽地区の絲カフェさんにて。

夏のグリーンカレーもオイチーけど、コレ旨ーーーーー。旨。
タイ料理ですってよ、奥さん。挽肉とお野菜を甘辛く炒めて、ニュクマムで塩っ気を足して、仕上げにバジル。パクチー入れたらベトナム版に変身する奴ね。いいねーーーー、バジル合うじゃん。生バジルで夏に作ってみるか。これバゲットに挟んでも美味そう。






拍手[1回]

PR
コレも。

(南瓜が良いと煮物は成功すると、漸く知った2014年。遅い。)

コレも。

(今年の我が家の里芋、サイコーに旨かったッ!)

コレも。

( 豚蕪煮に薩摩芋金平…どうした、このオバアチャン家色…)

秋、立ちぬ。
旬を過ぎた野菜に未練を残せども、けして美味に非ず。
哀しむ勿れ、目の前にはもう冬の食材が、山から海からハァハァと鼻息荒く待ち兼ねておるぞよ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

一瞬も止まらないニッポンの四季、目まぐるしく変わる山河の景色。

そして全速力に生育中・夜明けが遅くて焦れったい(@ONE PIECE)幼女が昨夜、恒例のピロウトーク。

「マンマ。アシタモゲンキニオキテ、オモシロガッテネ(うっとり)☆」

……オモシロガルて?

はい、明日も元気に起きて、面白がろうね。

今日の日はさようなら、また逢う日まで(だからエヴァ祭り絶賛開催中なんだってば)。

☆☆☆☆☆☆☆☆

ニッポンの豊かな四季や、山や川や海や、町や人や空気や、里芋や白蕪や薩摩芋や、白く洗いたてに畳まれた洗濯物の山や、そして小さな女の子が皆きちんと教えてくれる。

諸行無常の理を。


口に入れた里芋は一瞬で消えてなくなるけれど、お腹の調子を整えて、冬の冷たい海に脂が乗った鰤の身を美味しく頂けるように準備してくれることを。


真っ直ぐの瞳で、目の前にぶら下がっているおかしみとオカシを決して逃さぬように喰らいつく幼女のように

いきたいもんですなァ。

ーーーーーーーーーーーーーーー

諸行無常。



だがしかし、それに続く今の、なんと愛おしき哉!

(現在、各自のアイデンとティティーを死守すべく、日々不毛な闘いに明け暮れる戌申兄妹…迷わず行けよ、行けば分かるさ Byあんときの兄貴(アントニオ猪木))

拍手[1回]

さよなら、秋の日よ。また会う日まで。

………………

小四ヴェルテル男児が毎朝出勤前に、早朝ハード録画序破急にて膝を抱えてのエヴァ祭り絶賛開催中につき、気持ち悪いスタートになりました。バカシンジッ!!連日早朝からはキツいぞッ!!!

ーーーーーーーーーーーーーーー

今年お山で採れた上出来の白蕪も、今週続く雪予報を前に全て収穫。

滑らかでツルスベ、全くもって美人さん。

じっくり時間をかけて、山のミストだけで育ったその実はきめ細かく、じんわり甘い。

皮を剥いて厚めにスライス。

オリーブオイルでこんがり両面を焼いて、岩塩をパラリ。仕上げにソースがわりのバターで絡める。蕪とバターは本当に良く合う。

バルサミコと黒胡椒をガリリ。簡単完成、食材の力。

採れたての秋ブロッコリーをたっぷり使った秋鮭のディルクリームパスタと合わせて、惜秋の晩喰。


「手にした一切合切が 移ろいゆく 定めならば」
《ワインディングロード\エレファントカシマシ》

Seize the 晩秋、胃袋で掴め!

ーーーーーーーーーーーーー

お口で頬張れッ!


!!!


ハウッ!!


クーーーーーーーーッ!

生きてるって、そういうことだッ!!!

拍手[1回]

 ホーム 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
たんこ激しくオススメッ!
9/22エレカシ待望のニューシングル・リリース!『明日への記憶』
ポンニチ人ならエレファントカシマシを聞かう!
最新コメント
[06/01 たんこ]
[06/01 たんこ]
[06/01 くろ]
[05/29 ねぇね]
[05/20 たんこ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
たんこ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
ブログパーツ
たんこブログ Produced by たんこ  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄