忍者ブログ
続「田舎暮らしもほどほどに:大長谷週末寄寓人」 平日限定嫁綴り。 週末はのどかな山村・大長谷のクラインガルテンにて帰農し,平日は立山仰ぐ富山にで過ごす。      二重生活を送る一家のヨメが綴る,有閑かつエキサイティングな日々。
1  2  3  4  5  6 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんなポポチャンだったんに。


あっという間に少女漫画系。


いくわよーーーーひーーーさつッ!!


乙女キメッ!!!


☆☆☆☆☆☆☆☆

桜は満開、おすましオッケー。
ムスメ、嬉し恥ずかし幼稚園入園式、三歳の春。
ハレルヤ!!!!!

拍手[3回]

PR
ちいさいりんちゃんの、ちいさいつちびなさま。

ぼんぼりはねえ、かなざわの はりやま。
ことしから、さなねえちゃんがくれた つるしびなもあって はなやかね。

てーぶるにも りんちゃんがつくったおひなさま かざりましょうね。

おいわいに ちらしずしと はまぐりのおつゆ。
ひなまつりの おうたを みんなでうたってから たべます。

きょうは たのしい ひなまつり
まいとし まいとし おいわいしましょう。

☆☆☆☆☆☆☆

た……たまらんねッ!!!!!おんにゃにょこってェ奴ァッ!!!!!!

拍手[3回]

全くノロケでも何でもないのだが。

旦那さんに最期の晩餐は何がいいか、ともし聞いたら
うぅううう……◯◯省の△△岩壁産の……つ……燕の巣が……とか言わずに、
「た…たんこちゃんの…握りたてのオニギシをハイッ!っつって手渡ししてポシイ〜☆」
と言うだろう。ほんとに好きなのよ……ついでにムスコも以下同文。

ーーーーーーーーー

んっふーーーーー。


ぬなッ!


4塁打wwwッ!

ホームランバー。
ホームランが出るともれなく、ヒット累計4塁打で抽選にて、ホットケーキ用フライパンと親子エプロンが当たる。正直いらない、でも集めてる。当たりが出ると無条件に嬉しい、パブロフ現象ホームランバー。(子供の頃にもっと出て欲しかった……)

ーーーーーーーーーーーーーーー

コレを(独りで)食べる為だけに、ちょっと一仕事する。

鎌倉・紅谷『クルミッ子』、至福過ぎてもう……。
(ねえさん、あんがと☆)

ーーーーーーーーーー

何故か幸せをもたらすひととき。

鰹節削って、マグにギュウギュウ詰めにしてから熱湯を注いで、小皿で蓋して待つ。
出汁巻きの出汁取り。ヨシッ!とか必ず言う。

ーーーーーーーーーーー

幸せをのハードルは低ければ低いほど、いいと思う。






拍手[2回]

昨夜、オート・マーライオン(小四肥満男児)が絶食の末、早々に茶の間の布団で寝てしまわれたので、そのままそっと襖を閉めてネンネネンネ言ってる幼女を寝かしつけに寝室へ行ったのだった。

ネンネネンネ言ってた割にゴニョゴニョなかなか寝付かない暗闇に、ふと気配が。
寝ていた筈の微熱少年が震えながら立っている。こういうの、オバケより怖ェゾ。

「怖いからここにいていい?」(お前の方が充分怖い)

駄目ッ!ここ寒いし、熱あるから寝てな。お兄ちゃん!まずこのチビ助とっとと寝かせないと。電気つけといていいから。

いつまでたっても甘えん坊♪の奇跡の10歳、イジイジしつつも何度目かでスゴスゴ引き下がった。

漸く寝かしつけて茶の間に戻ると、もう少年は寝息を立ててた。

ーーーーーーーーーーーー

朝起きて熱を測ると、平熱。学校に行くという。

お粥を食べるというので慌てて土鍋をセット、ワタワタと着替えやら何やらさせてると、妹起床。朝の寝起きは阿修羅の如く、大変危険だ。

吹く土鍋、抱けと泣きわめく15㎏、あ…やっぱ気持ち悪いかも……とかボヤく45㎏。
いよいよ妹の癇癪がヒートアップ、顔面の血管をブチブチ切りながら仰向けに手足をバタつかせ乍ら訳の分からん雄叫びを上げる。

「まずはおにーちゃんデショッ!!!!!」

といってからシマッタ、逆に更なる火を煽ってしまう。
こら駄目だ、取り敢えず放置。

ーーーーーーーーーーーーーーー

兄ちゃんだろうが妹だろうが、そんなの知らんよなァ。

あんた勝手に産んだんでしょうがッ!だよなァ。

でも、少年には妹がいるし、幼女には兄貴がいるんだもん。

いなきゃこんな思いもしなくて済むけど、いるんだもん。それが家族だもん。


けどやっぱちょっと、かーさん反省。
反省多いなーーーー。



比べようが無いじゃん、このお日様の笑顔二つ、あればいいんだもん。私の宝物。

取り敢えず……マツコデラックスばりの舌打ちはやめよう。(そうしなさい)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ねんねの部屋に行く前に寒い廊下を横切る。

必ずといっていいほどその廊下の途中で立ち止まり、何やらニヤニヤゴニョゴニョ言ってる幼女をホレホレと引っ張って寝室に向かわせるのだが。

ある夜、恒例のホレホレ途中に幼女が一言
「キレイ……おちゅきしゃま、キレイ……」
と呟いてるのを聞き取った。

立ち止まる脇には薄い目隠し布が掛かった大きな窓があり、下の方は布が足りなくて隙間が空いている。

どうやら幼女は毎晩寝室に向かう道すがら、丁度彼女の目線にある小さな隙間から覗く夜空とニヤニヤ通信していたようだ。

目線を小さい女の子のソレに下ろすと、成る程、きれいなお月様がポッカリ笑っている。足元の小さい女の子も、満面の笑みだ。シマッタ。
165センチから見下ろしちゃダメよ〜ダメダメ〜。(お、時勢に乗った)

145センチの景色ってどんなん。
95センチのお月様ってどんなん。

大人って……ヤーーーーネッ!はんしぇーーーーーーいッ!

取り敢えず、マツコデラックスばりの舌打ちはやめます。(ダメよ〜ダメダメ〜)














拍手[2回]

体力テスト・50m走記録。

小1/10秒台
小2/11秒台
小3/12秒台

漸く骨が繋がった頃の小4記録会で、必ずや奴は想像を超える記録的な記録を樹立するであろう。

------------------

そんなムスコ(20キロ超え)を連れて、先日訪のうた「県立イタイイタイ病資料館」。

県外出身の我々としては、この地における最も印象的な『負の遺産』に関する資料館が、2012年の開館時まで無かったという意外な事実と、市内から離れた公共施設の脇にやや控えめに佇んだその外観を遠くに見た時から、これは是非一度「自分は富山ッ子だ!」と豪語するムスコを連れて行かねばならぬと前々から思っていて、遂に実現した訳である。

神様が通る川を流れる水で育てた米を食べていたら、骨がみんな折れた。
いたいいたい・と泣き叫ぶから、イタイイタイ病。
これ以上の地獄絵図はあるのか。

片足をひきひき手帳に何やらカキコミする小肥りの小学生を、ボランティアさんはけして見逃さない。
物凄い時間をかけてボランティアさんと館内をじっくり廻りながら説明を受ける少年を遠くで眺めつつ、何処かにいくと必らずと言っていい程親切な方に捕まるのは、彼の得意技だと再確認した。

☆☆☆☆

きょうの日記

「きょうぼくは かぞくと イタイイタイ病しりょうかんにいきました。

〜中略〜

ぼくも 足の骨をおったことがあるからちょっとわかるけど イタイイタイ病のかんじゃさんは ぼくの100倍いたかったとおも

います。

ぼくは びょうきになった人たちの分も けんこうなお米を たくさんたべたいとおもいます。」


こどもは時に、大人が想像もしないような 心の寄せ方をする。

これからも おいしいお米をこの子等にたらふく喰わせなければ。

----------------

初めての木版画。



想像を超える自己のデフォルメ、何てアヴァンギャルド。

オトナの想像なんて、いつだってひとまたぎ!

拍手[1回]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
たんこ激しくオススメッ!
9/22エレカシ待望のニューシングル・リリース!『明日への記憶』
ポンニチ人ならエレファントカシマシを聞かう!
最新コメント
[06/01 たんこ]
[06/01 たんこ]
[06/01 くろ]
[05/29 ねぇね]
[05/20 たんこ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
たんこ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
ブログパーツ
たんこブログ Produced by たんこ  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄