忍者ブログ
続「田舎暮らしもほどほどに:大長谷週末寄寓人」 平日限定嫁綴り。 週末はのどかな山村・大長谷のクラインガルテンにて帰農し,平日は立山仰ぐ富山にで過ごす。      二重生活を送る一家のヨメが綴る,有閑かつエキサイティングな日々。
384  383  382  381  380  379  378  377  376  375  374 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年の夏。

初めて島(初島)でのバカンス中、水泳特訓を受けた少年はビート板にしがみつきついでに、脇の下に水イボを貰ってきた。

水イボの治療法は三つ。
一、漢方薬(ヨクイニン)を服用する。
弐、麻酔テープを貼ってピンセットで抓み取る。
参、ほっときゃ半年~一年で治る。

漢方薬は飲んだが少年の場合余り効かなかった。

じゃ、麻酔テープを貼って・・・と言ってる間にかなり広がってしまい、医者も「これは何度か通ってもらわないと・・・」と困惑。
で、ほっとくことにしたのだが。

この水イボ。
少年は愛し始めている。大丈夫なのか。

そっと触っている。
風呂場で水イボに湯をかけ、鏡に映してウットリしておる。

尋ねてみると
「・・・触るとプチプチして気持ちいいのだ。濡れて光るとキラキラしてキレイし・・・←ウットリ」
何フェチなんだ、お前。

先日、駅前を歩いておった時なんぞは、「み・・・みずいぼ銀行・・・ッ!!」と絶句するその眼前にあったのは「みづほ銀行」だった。殆ど中毒。

以来、彼はみづほ銀行は、水イボとお金を交換する所だと信じている。

最近は「水イボちゃん☆」と優しくよんでいる、少年と水イボとの蜜月もそろそろ終幕に近づきつつある。

此れでもか、とばかり大きく育ったイボは、其れを最後に乾いてゆき、次第にポロリと落ちてゆく。

大事に育ててきた水イボが剥離するたびに、少年はため息をし、「ああ・・・治らないで・・・」とつぶやいている。

美意識の個人差は認めたいが、色んな意味で心配な母親である。大丈夫なのか。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
名前
題名
文字色
電子手紙
ウェブサーバーの識別名
論評
合言葉   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
うちの子はオリーブオイルできれいに完治したよ。
お風呂上りにオリーブオイル。
たまたま治ったのかも。

でもトライしてみて。
りりあん 2010年12月21日「Tue」13:00:05 編集
>りりあん
りりあん(≧ε≦)

オリーブオイルかあ・・・!へぇ~。かゆがるから、薬付けてるけど、オリーブオイルのほうが安心。

いいこと聞いた!早速やってみるね、ありがとう!
たんこ 2010年12月21日「Tue」13:04:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
たんこ激しくオススメッ!
9/22エレカシ待望のニューシングル・リリース!『明日への記憶』
ポンニチ人ならエレファントカシマシを聞かう!
最新コメント
[06/01 たんこ]
[06/01 たんこ]
[06/01 くろ]
[05/29 ねぇね]
[05/20 たんこ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
たんこ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
ブログパーツ
たんこブログ Produced by たんこ  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄