忍者ブログ
続「田舎暮らしもほどほどに:大長谷週末寄寓人」 平日限定嫁綴り。 週末はのどかな山村・大長谷のクラインガルテンにて帰農し,平日は立山仰ぐ富山にで過ごす。      二重生活を送る一家のヨメが綴る,有閑かつエキサイティングな日々。
167  166  165  164  163  162  161  160  159  158  157 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いよいよ富山市内も雪のシーズン到来です。
連日,雪やこんこ あられやこんこ。ようふるわい。

さて。

以前友人からいただいた,山本ふみこさんの本「子どもと一緒に家のこと」の中に,気になる箇所があった。

『「こころ寄せる場所」わたしたちより先に「むこう」へ旅立った人々にこころ寄せる場所を作る』

必要。すんごい必要。
賃貸世代の我が家においては,仏壇は無い。無論,信仰心も無いので神棚もない。

昔は正月になると神棚の前に恭しく家族並んで,二拍一礼し,火打ち石をうったもんだし,仏壇や神棚には頂いたお菓子や通知書・賞状,時には抜け落ちた歯なんてのもあげられたもんだ。

必要。すんごい必要。

されどそんなスペースないし。仏壇買わんし。

しかし山本ふみこによれば
『食器棚の中ー。熊谷守一の絵はがき(仏前)を飾ってます。』

な,なるほど。そうきたか。

で,我が家もやってみました。
柱の上。

京都・北山の鹿苑禅寺・金閣舎利殿の御守護札だ。
どうですか。

今はお月様で毎晩呑んでいる西の父が,以前貰ってきてくれた御札だ。
「開運招福 家内安全」とある。
父はいろんな気持ちで,この札を貰ってきてくれたんだろうな。

部屋の隅の,けれどいつも横の開いた窓から月明かりが差す場所。

「マンマンチャーン」したら,その横顔は月から見えるはず。

お月様と我等をつなぐ,うちの「こころ寄せる場所」。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
名前
題名
文字色
電子手紙
ウェブサーバーの識別名
論評
合言葉   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
たんこ激しくオススメッ!
9/22エレカシ待望のニューシングル・リリース!『明日への記憶』
ポンニチ人ならエレファントカシマシを聞かう!
最新コメント
[06/01 たんこ]
[06/01 たんこ]
[06/01 くろ]
[05/29 ねぇね]
[05/20 たんこ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
たんこ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
ブログパーツ
たんこブログ Produced by たんこ  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄