忍者ブログ
続「田舎暮らしもほどほどに:大長谷週末寄寓人」 平日限定嫁綴り。 週末はのどかな山村・大長谷のクラインガルテンにて帰農し,平日は立山仰ぐ富山にで過ごす。      二重生活を送る一家のヨメが綴る,有閑かつエキサイティングな日々。
840  839  838  837  836  835  834  833  832  831  830 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

間引き。

野菜の種をばら撒いて発芽した後に、ギュウギュウ詰めになってる部分の新芽を抜く、地味な作業。
コレがホントに地味なんだが、大きく作物を育てる為にはとっても大事だ。
コレを怠ると、スシズメ酸欠状態になって、ほんとに大きくならない。

間引いた新芽は所謂ベビーリーフ。
春菊がもう、駅前のエステに駆け込まざるをえない程のワッサワッサぶりなもんで間引いていた。
抜いた新芽をパクッと摘まんだら…や…やっこくて旨いやないかいッ!!

お持ち帰り。

ボウルにタップリあるが、まだこの倍以上ある。
小さい根っこを洗って切って洗って切って洗って切って…キョエェェェッ!!この作業を乗り越えれば、間引き菜(すぐり菜)のキャッピキャッピのかわいい味が待っている。ひたすら我慢。

春菊にはベーコンが合う。パルメザンチーズも。
ニンニクとオリーブオイルでじっくりベーコンに火を通し、スモークの香りがオイルに移ったら、茹でたパスタをいれて和えて、火を止め春菊をドバッ。生で食べれるベビーリーフなので、余熱で和えるだけ。

仕上げにパルメザンチーズと黒胡椒をガリッとやって、ボナペティ!

鼻血が出る程美味かった。しかもタダ(ココがポイント)。

サイドはフランス風…だそうだ。

あちらではサイドにラディッシュとバターと塩ってのがあるらしく、やってトライ。
ん……(終了)。
バターで辛味がグッと抑えられるのは解る。でも、個人的には…バター、いる〜ッ?
因みにこのラディッシュは山近所の方からの「間引き」ラディッシュ各種(クラウンさん、ゴチですッ!)。新鮮なラディッシュ坊やはポキポキ美味しいので、子供も大人もウサギ並みにポキポキポキポキ食べる。

いや〜、この時期の間引き野菜ディッシュ(タダメシ)は、うんまいなーーーーッ!!

もっともっとスーパーでも売ったらいいのに。
洗うの大変だけど、間引き菜ってホントに美味しい!(あ、スーパーだったらタダメシにならないか…)

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
名前
題名
文字色
電子手紙
ウェブサーバーの識別名
論評
合言葉   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
たんこ激しくオススメッ!
9/22エレカシ待望のニューシングル・リリース!『明日への記憶』
ポンニチ人ならエレファントカシマシを聞かう!
最新コメント
[06/01 たんこ]
[06/01 たんこ]
[06/01 くろ]
[05/29 ねぇね]
[05/20 たんこ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
たんこ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
ブログパーツ
たんこブログ Produced by たんこ  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄