忍者ブログ
続「田舎暮らしもほどほどに:大長谷週末寄寓人」 平日限定嫁綴り。 週末はのどかな山村・大長谷のクラインガルテンにて帰農し,平日は立山仰ぐ富山にで過ごす。      二重生活を送る一家のヨメが綴る,有閑かつエキサイティングな日々。
264  263  262  261  260  259  258  257  256  255  254 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おはようございます、朝もはよから耳鼻科通いのたんこです。しかし、寒いですな。何なんでしょう、昨日富山の山添でアラレが降ったらしいじゃないですか。5月ももう半ばですよ。いつまでたっても畑に種落とせんやろがい。アマタツーッ!!!

まあ、そんなこんなでですね。

先日来の咳鼻喉と、持病の副鼻腔炎の為に定期的に通っております耳鼻科。

そもそもあたしゃ耳鼻科が幼い時分から目がなくってねぇ。好きデス☆耳鼻科。
かかりつけの耳鼻科医の先生は、私の耳友。思うに耳鼻科医は基本的に耳フェチである、いや、耳フェチで無ければならぬといふのが私の持論だ。

それに関して言えば、こちらの先生はドストライクのはずだ。病院のユルキャラは蝸牛。院内至るところに飾られた蝸牛フィギュアの数々。三半器官フェチならではの光景ですね。

診察室に説明用に置いてある耳の解剖型が倒れそうになったとき「ああああぁァァッ!!!」と絶叫していた。

私が「幼少の頃から耳かきが好きで、耳かきが見当たらない時は、爪楊枝の裏か黒ピンの裏を代用していた」との私の告白時にも、わかる~的な視線を頂いた。因みに先生も幼少時より三度の飯より耳かき派だったそうだ。彼を信頼出来ずに誰を信頼する。

素晴らしいテクニックにより垂涎の耳掃除タイムを終え、お会計。
ここでおもろい事がわかった。前回風邪の原因となった菌を培養して調べて頂いていたのだが、その検査料。結局よくある菌だったのだが二種類検出されたそうで、じゃ会計はどうなるかというと、二種類分の検出料がかかるという。じゃあ沢山出ちゃったら結構な値段になるのかと聞いたら、何と三種類以上は同一料金なんだそうだ。沢山出そうなときは、お徳デスね☆てへ☆

あ~、気持ちよかった・・・涎をふきふき帰り道の散歩途中、小さな無人踏切てハタと立ち止まれば、線路脇の住人達が飾った鉢植えの花が。鎌倉や何かの線路脇もいいが、富山地方鉄道線路脇も、大変風情がある。なんてったって三両編成・一時間に1、2本しか来ないしね。今日は線路脇通ってこう。そうしよう。



拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
名前
題名
文字色
電子手紙
ウェブサーバーの識別名
論評
合言葉   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
たんこ激しくオススメッ!
9/22エレカシ待望のニューシングル・リリース!『明日への記憶』
ポンニチ人ならエレファントカシマシを聞かう!
最新コメント
[06/01 たんこ]
[06/01 たんこ]
[06/01 くろ]
[05/29 ねぇね]
[05/20 たんこ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
たんこ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
ブログパーツ
たんこブログ Produced by たんこ  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄