忍者ブログ
続「田舎暮らしもほどほどに:大長谷週末寄寓人」 平日限定嫁綴り。 週末はのどかな山村・大長谷のクラインガルテンにて帰農し,平日は立山仰ぐ富山にで過ごす。      二重生活を送る一家のヨメが綴る,有閑かつエキサイティングな日々。
292  291  290  289  288  287  286  285  284  283  282 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人の親になるっつーのは,意外と大変な事が多くてですね。

昨日漸く,少年の通う幼稚園の大バザールが終了してですね。
今年は何故か役員なんで,ふた月ほど毎日毎日園児さながらに幼稚園にシコシコ通って準備してましてですね。昨日無事終わって焼き肉で生ビールですよ,ええ。

あー,終わった,終わった。ドボ疲れしたが,これで中々お店屋さんごっこみたいなもんで,愉しいものであった。おかあちゃん,がんばったで〜。

よいしょ,と。んで。

この季節,少年の幼稚園前の老木に真っ赤な実がたわわになり,小さき者達がチイチイ木の下で口を開けておる。

桑の実だ。

うん十年前からこの時期になると赤い実をつけ,登下校の小学生や幼稚園児の小さな指先やお口やお洋服を赤黒く染め続けてきたそうだ。

週末寄寓してゐる大長谷はお山のおうち周辺にも,桑の木はある。
しかしながら自然発生的に生える桑の木は少なく,あるにせよその昔養蚕で栄えたかの地では人為的に桑の木を植えておったものがほとんどで,しかもその実は多くは着かない。

一方この桑の木は,たわわん,たわわ〜ん,だ。

あんまり小さい人たちがチイチイ美味しそうに啄んでおるので,木登りの上手な小学生を捕まえて,いくつか採って貰う。赤い実は渋くて,食べると腹を壊すらしい。甘酸っぱく熟しておる黒い実が良いそうだ。小学生は何でも知ってゐる。

実の中央には芯が入っておるので,ナイフでそぎ落とす。


コレにクリームチーズをあわせて,マフィンにした。


木イチゴみたいに酸っぱいから,クリームチーズと合う。


桑の実マフィン。チイチイ。

焼きたては特に旨い。

好評だったので,今日も少しわけてもらおうかと思ったら。

なにやら札が。
寄ってみよう。


オイオイオイッ!マフィンに入れたですよッ!いつッ!!

ま,誰も腹こわしてないから,ヨシとしよう。
でも,折角みんな愉しみにしてる実が赤く熟しているといふのに・・・まったくもって,無粋。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
名前
題名
文字色
電子手紙
ウェブサーバーの識別名
論評
合言葉   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
たんこ激しくオススメッ!
9/22エレカシ待望のニューシングル・リリース!『明日への記憶』
ポンニチ人ならエレファントカシマシを聞かう!
最新コメント
[06/01 たんこ]
[06/01 たんこ]
[06/01 くろ]
[05/29 ねぇね]
[05/20 たんこ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
たんこ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
ブログパーツ
たんこブログ Produced by たんこ  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄