忍者ブログ
続「田舎暮らしもほどほどに:大長谷週末寄寓人」 平日限定嫁綴り。 週末はのどかな山村・大長谷のクラインガルテンにて帰農し,平日は立山仰ぐ富山にで過ごす。      二重生活を送る一家のヨメが綴る,有閑かつエキサイティングな日々。
791  790  789  788  787  786  785  784  783  782  781 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

三週間前にはまだ茶色っぽかった周囲の山も、一週間ごとにもじゃ、もじゃ、もじゃじゃじゃっと緑でモコモコしてきました。新緑は春先の地表近くに光るフキノトウの如く、まるで蛍光グリーンのように鮮やかです。出始めから三週間前も経てば緑は色濃くなり、夏に近づくにつれ深い緑になってゆきます。

この「山笑う」時期の色の正体、そりゃ新芽です。
キャピキャピの新芽が枯れ木に緑の花を咲かせるのよね。

新芽と云えば、「こしあぶら」。
我が家の山菜タイチョー(小三)には、春が近づくと「こしあぶら、こしあぶら、何はなくともこしあぶらッ!!!と耳元で呪文のようにささやいています。
わかっておるね、タイチョー…こーーーしーーあーーぶーーらーーーッ!

果たして、山盛りのこしあぶらゲット。
「山菜の女王」の異名をもつこの新芽、山奥でしか取れないので希少品ですぞ。

天ぷらにする方が多い中、我が家は絶対にお浸し!
新芽のエグミがググっと美味い、絶品です。

よく洗ったこしあぶら。

小さいものよりも、結構育ったもののほうがいい。軸が美味いのよね。
画像の「ハカマ」部分(ガク)は取り除きます。

で、茹でる。色が蛍光グリーンに変わる瞬間が、山菜調理のお楽しみポイントだと思われる。

大きいもので、入れて再沸騰1分30秒ジャスト、小さいもので40秒が私規則。

ギュッと絞って、鰹節乗せて、御用達「旭ポン酢」で決まりッ!!!
見てよ、この鬼盛り!
こんなに盛れるのは、山に奇遇してるお陰。
炊きたてご飯とキンピラ独活と一緒に。

あゝ、このお浸し、間違いなく世界一!

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
名前
題名
文字色
電子手紙
ウェブサーバーの識別名
論評
合言葉   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ああああああ~~~。

こしあぶら~。

天麩羅の味がわすれられませんですなぁ~。
ねぇね 2013年05月29日「Wed」23:41:58 編集
>ねえね
お浸しは天麩羅の三倍味が濃いよ!
また食べにおいで!!
たんこ 2013年05月30日「Thu」12:52:14 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
たんこ激しくオススメッ!
9/22エレカシ待望のニューシングル・リリース!『明日への記憶』
ポンニチ人ならエレファントカシマシを聞かう!
最新コメント
[06/01 たんこ]
[06/01 たんこ]
[06/01 くろ]
[05/29 ねぇね]
[05/20 たんこ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
たんこ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
ブログパーツ
たんこブログ Produced by たんこ  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄