忍者ブログ
続「田舎暮らしもほどほどに:大長谷週末寄寓人」 平日限定嫁綴り。 週末はのどかな山村・大長谷のクラインガルテンにて帰農し,平日は立山仰ぐ富山にで過ごす。      二重生活を送る一家のヨメが綴る,有閑かつエキサイティングな日々。
733  732  731  730  729  727  726  725  724  723  722 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

3年程前から、我が家の心のカフェ・立山町の「CALMET」を訪のう度に少年がどーしても欲しいとホザく品があった。

北欧から来た、メジャー付きの古いキーホルダー。可愛いのだが(値段は可愛くない)、遥々遠いニッポンまでやって来て、この「ビミョーに古カワイイ」デザイン感が解るとは到底思えない小太りの幼児の手に渡るとは思いもよらないだろう…とここ三年ずっと諦めさせていた。

だがウチのパク君(小太り)をなめてもらっちゃ困る。
最近小遣い稼ぎを始めた(肩もみ券10枚300円)少年は、自分の稼ぎで手に入れるのだから文句はあるまいと申し立てる始末…危うし、メジャー君、

そんな折、先日滞在中だった少年の叔母がクリスマスプレゼントとして密かに購入していた。オーナーさんも「遂に…」的な顔。開封してパアァァッ!と目を輝かせた少年、三年越しの成就に早速、静々と宝物入れに収納していた。拾った石、ハンコ、BB弾、シールやらと肩を並べるメジャー君、何想う…。クリスマスの魔法☆



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は天気も上々、リンを背負ってクリスマス用のブリザードフラワーアレンジを教わりに行ってきた。

花の色は選べるのだが、ブリザードはみんな微妙な色味が可愛くってなかなか選べん。あーでもねぇこーでもねー言い乍ら、でも結構カンタンに盛れるしニマニマ不気味に嗤いつつ、一足早めにクリスマスアレンジ完成。

早速家に飾ってみたら…地味すぎて全然クリスマスじゃねぇーーー。ま、いっか!長持ちするし。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
名前
題名
文字色
電子手紙
ウェブサーバーの識別名
論評
合言葉   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お宅の少年のそのマニアックな感じが好きだな(^-^)v嬉しかっただろうね♪
くろ 2012年12月13日「Thu」15:20:34 編集
無題
クリスマスじゃねぇーーーー。

しかもブリザードでもねぇーーー。

吹雪きになるぞ。。。
プリザーブド。。。。
ねぇね 2012年12月13日「Thu」16:31:13 編集
>くろちゃん
マニアックなのは、お宅の坊とどっこいどっこいよーーーー( ̄▽ ̄)

たんこ 2012年12月13日「Thu」17:32:39 編集
>ねえね
本届いたよぉーーー( ^ ^ )/□
ブリザードじゃなかと?!
プリザーブド?吹雪…(爆)
たんこ 2012年12月13日「Thu」17:34:06 編集
無題
おーとうとう念願のメジャーを手に入れたのね。よくぞここまで誰の手にも渡らずあったもんだ。(マニアック過ぎて誰も買わないか笑)

ブリザードフラワーかわいいじゃない。うちはクリスマスの飾り何もしてないのに気づく(ーー;)
snow 2012年12月14日「Fri」05:25:01 編集
>snowちゃん
っほんと、よくぞ人手に渡らなかったものよね…(私が店主なら、少年の手に渡る位なら自分で購入するよ)

クリスマス、いつも実家でツリー出して飾って…ってとこなんだけど、今年は富山にみんながくるのよ。だから…と思って作ったものの、根っから地味なもんで到底クリスマス用に見えない(ーー;)そういえば…あたしクリスマスカラーって、苦手だったかも(ーー;)(自爆)
たんこ 2012年12月14日「Fri」14:26:45 編集
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
たんこ激しくオススメッ!
9/22エレカシ待望のニューシングル・リリース!『明日への記憶』
ポンニチ人ならエレファントカシマシを聞かう!
最新コメント
[06/01 たんこ]
[06/01 たんこ]
[06/01 くろ]
[05/29 ねぇね]
[05/20 たんこ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
たんこ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
ブログパーツ
たんこブログ Produced by たんこ  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄