忍者ブログ
続「田舎暮らしもほどほどに:大長谷週末寄寓人」 平日限定嫁綴り。 週末はのどかな山村・大長谷のクラインガルテンにて帰農し,平日は立山仰ぐ富山にで過ごす。      二重生活を送る一家のヨメが綴る,有閑かつエキサイティングな日々。
1  2  3  4  5  6  7 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

週末の天気予報は荒れ模様。
外の桜は九分咲き。
愛でるなら、花金でしょう。
老も若きも犬も猫も鴨も、桜の下にワラワラと集っております。



朝から散歩に出かけたりんちゃんも、薄紅の宙を見上げて上機嫌。「き!(キレイ)」を連発し、感情の高ぶりを全身使って表現してボキャブラリーの少なさをカヴァー。
花見弁当広げた見物客から次々にご褒美のイチゴやら握り飯やら頂く始末…流石私のムスメ、やっぱ顔に何か書いてある。

午前にガッコがハネた少年も、入れ替わり立ち替わり花見ついでに訪れる坊主共と、やれ柿ピーだ、今度はミカンだスルメだと、日に何度も桜見物に。オッさんか、チミ達は…。

桜は満開、天気は上々!今見ないでいつ見るというのだ。
暮れ行く空の下、桜にまみれて集う客足は途絶えることを知らず。
「夜の桜は?」
行きますか!

チャチャっとお稲荷さんこさえて、後は出来合いもんで充分!

ジャム瓶にはモチローネ、ワイン入り。
さ、いこいこ。

目指すは徒歩30秒のベンチ。

肉花見所望の大福餅、出た、唐揚げに焼き鳥、ついでに花見団子の和製ピンチョスで、花見は楽チン。

桜の下の外ごはんは、楽しい。

悦んで頂けているようです(特に肉)。ヨカッタネ☆

ジョージさんも嬉しそう。


ワインに花びらで、桜酒。

オツですなァ。

----------

気付けば夕暮れ、木のしたのぼんぼりが白いお花を紅く染め。

幽玄。

朝から晩まで、桜三昧。
だって一年でたった数日の晴れ姿、サンダルつっかけて毎日「イヨッ!天晴れッ!」と声かけてやるのが、川縁に住まうもんの春仕事。

イヨッ!日本一ッ!

拍手[2回]

PR
先日、可愛らしいお嬢さんが我が家に遊びに来た。
もうすぐ雛まつりだしーーーお嬢さん適齢期だすぃーーーリンリンまだ雛人形持ってないすぃーー。

富山の雛人形,古くは土雛であった。
江戸末期より栄えた土人形文化はもう既に作り手は後継者も絶え絶滅,現在は「伝承会」の方々が型と技法をうけついで細々作り続けられておるそうだ。

どこで?
富山市民俗民芸村で!あの五百羅漢さんの手前ですね、いってみよ!

五百体がズラリ木の影から覗くシュールスポット…

ヲイヲイ、でけぇのも混ざってるゾ!

正面は見事な立山の衝立。

冬はやっぱいいねえ!しかし寒い!

余りにもさむいので御茶を一服、羅漢さん下の「丸山庵」。

季節の上生菓子にお薄をたてて下さいます。お庭の寒椿がまた綺麗!


御茶を頂いたら、その下の「富山土人形工房」へ…


土人形を軽く見ていた拙者が悪う御座いますた。
可愛い…もの凄い皆可愛い。
土人形の殆どが、古い型に流し入れられて型取りの上、焼いて彩色されている。
ビバ伝統工芸品、スイッチが「カチッ」と入る音が聴こえた…ノ…ノーバディ、ストップ ミィーーーーーッ!!!!!

ハアハア言いつつ頭を抱え乍らも、お嬢さんは伝統的な「抱き雛(お内裏様がお雛様の肩を抱いて立ってる)」を、リンリンには小さな蛤型の雛を購入。自分で絵付けもできるそうで、後日改めてリンリンには名入れ抱き雛を製作するとしよう。

小さな店内にウルトラヒットの数々…
特に古い型を使用した、伝統的なデザインと鮮やかな色合いのものが、特にかわうぃい。
見てよッ!コレッ!富山の伝統的な土鈴「蛇の目」!

色、サイズ違いで四つ大人買い。うひひひひひひ(おかしくなってる)。
昔からこの土鈴をコドモの腰に付けて魔除けとし、割れたら「疳の虫が落ちた」と喜んだそうだ。エピソード充実、コレ大事。

招き猫やお狐さん、干支の動物達や綱吉公の「御犬様(コレがまたいい!)」揃いもそろってみなカラフルで、古い型ならではのフォルムの美しさ!嗚呼、伝承会に入れて頂きたい…

極め付けは、コレッ!

ううううう…こ…こんなところにこんなモノがぁぁぁッ!?
説明が長くなるので、また改めてブログアップするが、夫婦でずっと探していた中央の青い鳥(鷽),コレ、天満宮系の神事に使用するモノなのです。ザルの中身は総て富山ではもう「マボロシーーー(IKKO)」なブツっすよ。旦那さんと万歳三唱の上、即ゲット。

と、終始ハアハアゼエゼエいい乍らのショートトリップ。
呉羽山に絶景あり、茶房あり、地蔵ありーの、かわうぃいもん山盛りあり!
近年稀にみるたんこドストライクなパワースポットでした。一日中居たい。

拍手[2回]

いやーーー、寒いですなァ。いよいよ立山も白くなり、吹き下ろす風が手足を凍えさせます。

小腹も空いたなァ…ムム、お財布の中身も寒いゾ。
そいじゃ、そろそろイッチョいってみますか。小腹満たしに、石倉町の延命さんに!

㹨川とことこ散歩して延命地蔵さんでお参り済ませたら。

目指すは地蔵尊脇の小さい屋台。
少年「おいちゃん、はしまき一つね。」

「はしまき」は読んで字の如し、箸でクルッと巻いたタコ抜きのたこ焼きだ。

縁日の夜店で良く売られてるのとは一味違うのは、横に湧き出でる延命地蔵水を生地を溶くのに使ってるから、とは屋台の親父さん談。ふわっと口当たり柔らかく焼きあがるそうだ。

常願寺水系の㹨川の湧き水は各所あれど、酒や味噌・タコ焼きや饅頭に至る迄商品化されているのはココ石倉町の地蔵水くらいだろう。龍の口から出るその霊水は、ミネラルを多く含んだ軟水の為、味噌や醤油を仕込む際に使うと味がまあるくなるらしい。(因みに川向かいの鯉の口より出ずる地蔵水はカルシウムを多く含む硬水らしく、女性向けなんだとか)

200円という駄菓子的値段が下町オヤツの良さ。

上にベビースター乗ってる所が、北陸風もんじゃだねぇ。
健康に気を使い、長生きを目標にしておる齢八歳は手を合わせて何か祈ってから頂いていたぞ。寿命を気にするの早ぇえ。延命さんの御加護がありますように。

拍手[2回]

爺婆が来てるかっら〜、何してもっらお♪

--------------

我が家は揚げ物ゼロの家っす。

やなんですよ。小さい頃から。何がって?
「揚げてる本人は、揚げたてを食べられない」事がッ!

あたしゃ江戸っ子なもんでぇ。
ちべたいモンは痺れる程ちべたく、熱いもんは口ン中の皮がめくれる位熱くなくっちゃいけやせん。旦那。

というわけで、我が家はトンカツはトンカツ屋に任せ、唐揚げは中華料理屋に任せます。揚げもん、どぅわ〜いすき☆

-------------

母さんは、唐揚げが得意。
冷めても美味しい、生姜ニンニク醤油シッカリ下味つけた肉を、片栗粉と小麦粉でジュジュっと二度揚げした、親族全員の大好物。
母の味といえば、コレよコレ。私はコレで育ちました。

早速、富山滞在最終日の母(齢七十)に台所に立たせ、腿肉四枚をジュジュっと揚げて頂く。

揚げてる側から、食べちゃう。コレに勝るものナッシング。
モチローネ、上顎部分の皮ベロンベロン。

齢七十にこんなに揚げさせる娘(四十)。

まだまだ食べる。絶対世界一。

揚げ終えた母は、世界中で一番可愛いと信じてやまぬ二人の愛孫のエキスをタップリ吸って、これまた滞在中「旅行だからネ☆」と連日ビール&温泉三昧だった父と二人、ホクホクして帰って行った。次はクリスマス☆(月一訪問)またスグキテネ☆スグ☆

-------------

さ、もうすぐ入れ替わりで、極東からフラッフラの旦那さんが「唐揚げ〜唐揚げ〜」言い乍ら帰ってくる。明日から漸く三連休!皆様、楽しい休日を!


拍手[2回]

りんりん預けてどっこ行こう〜♪

--------------

最後に髪の毛に鋏を入れたのは、一体いつだ。夏の終わりだ。

女子力低下に拍車をかける、傍若無人赤児のご無体さよ。ひょえぇぇ。
今切らずして、いつ切るのだ。

味噌汁、ご飯の和朝食セットと赤児用ランチセットを用意し、ハイ、チャッチャと出掛けますわよ。宜しくーーー☆

--------------

朝はパン。パンパパン。
もう、おコメは嫌ッ!助けてッ、ドトールッ!

モーニングセットのチリドック、旨し。
美容室で出してくれるコーヒーのオヤツ用に、しっかり黒糖胡桃をテイクアウト。勿論店主用にもお裾分け分を用意。美味しいんだってば。

最近コケシカットにしてから、もうすっかり定着。
行きつけは楽だ。「じゃ、こけしで☆」そろそろ定番の髪型に落ち着きたかったのだが、どうやらコケシでこの先暫くいけそうだ。コケシ。

ここぞとばかりに、勿論ヘッドスパもつける。

ホットオイルで頭皮を揉み出しマッサージ、スチームでトリートメント成分を毛根まで注入。うーーーーーーオバちゃん、もう気持ちえぇわぁーーー。

ほぼ貸し切り状態で約3時間、タップリ髪のお手入れして頂いた。有難や有難や。コレが毎月できる様になるまで、あと二、三年…は、ははははーーー。あーー、気持ち良かった!

拍手[3回]

カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
たんこ激しくオススメッ!
9/22エレカシ待望のニューシングル・リリース!『明日への記憶』
ポンニチ人ならエレファントカシマシを聞かう!
最新コメント
[06/01 たんこ]
[06/01 たんこ]
[06/01 くろ]
[05/29 ねぇね]
[05/20 たんこ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
たんこ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
アクセス解析
ブログパーツ
たんこブログ Produced by たんこ  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄